No. 564 姫路張子・だるま乗せ丑

姫路張子・だるま乗せ丑です。横幅約14僉濆發橘鵤隠悪僉作者は4代目松尾隆さんです。姫路張子の創始は明治の初め、豊国屋の直七と言われています。姫路城下の豊富な反故紙を利用して達摩や干支の縁起物などを作っています。この作品も丑年の縁起物として作られたものだと思われます。昭和の作品とは思えないほど汚れも傷みも全くない美品です。乗っている達摩ははちまき達磨です。底のシールに作者の名前が書かれています。
定価 3,000円(内税)
販売価格 3,000円(内税)
購入数


Top