No. 455 法華寺・守り犬土鈴

奈良の法華寺に伝わる郷土玩具の守り犬を土鈴にしたものです。郷土玩具の守り犬は小さなものですがこの土鈴の大きさは横約8僉濆發橘5.5僂任后E景燭寮諒門に深く帰依された光明皇后は法華滅罪寺を尼の国分寺と定めて千日供養の法要を行いました。供養の灰土を固めて小さな犬を作り人々に授けたのが守り犬の始まりと言われています。胴には五星や松が描かれ疱瘡除け、安産のお守りとされています。この土鈴も手びねりで作られ胴の模様も忠実に描かれています。
定価 2,000円(内税)
販売価格 2,000円(内税)
購入数


Top