No. 442 仙台張子・古い松川だるま(福の神)

仙台張子の松川だるまですが、戦前のものと思われる古い達磨です。横幅約9僉濆發橘鵤隠貝僉新しいものに比べると少しスリムなフォルムです。古いものは眉に毛が張り付けてあるのが普通です。NO.441の達磨と見比べると、眉のほか顔つきが穏やか、顔まわりの群青色が濃い、胴模様の福の神が生き生きと描かれている…など、微妙に違って興味深いです。
定価 3,000円(内税)
販売価格 3,000円(内税)
購入数


Top