No. 587 道成寺 葛畑土人形・前田俊夫 作

兵庫・葛畑(カズラハタ)土人形の道成寺です。横幅約12僉濆發橘鵤横鍬僉作者は最後の継承者4代目前田俊夫さんです。葛畑土人形は江戸の末期・天保年間に初代前田友助が伏見人形に倣って土雛を作ったのが始まりとされています。2代目は葛畑の良質な粘土を求めて葛畑の地に移り住み4代目俊夫さんに継承されました。前田俊夫さんは土雛の他、武者人形や十二支などを制作し高く評価されましたが、昭和63年に亡くなられ葛畑土人形は廃絶しました。背中に「前田」の印を押した出品票があります。昭和の中頃の価格が4500円と書かれています。状態も驚くほど良好で写真に写っているより実際は着物が赤に近い朱色で黄色や緑が鮮やかに映えています。
販売価格 10,000円(内税)
購入数


Top